AKB48Gまとめ 48エムオール

48グループ(AKB48 SKE48 NMB48 HKT48 NGT48 他)の2chまとめ




熱愛



    このエントリーをはてなブックマークに追加
CiypyuPUYAAFM8G


1: 2016/05/19(木) 13:52:48.47
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000054-dal-ent

4月8日にAKB48を卒業した歌手の高橋みなみ(25)が19日、TOKYO FMの冠番組
「高橋みなみのこれから、何する?」(月~木曜、後1・00)に出演し、一般男性との交際について、「お騒がせしてすみません」と謝罪した。
高橋はオープニングで「高橋みなみです。今日発売の週刊誌等々、お騒がせしてすみません。今日も頑張ります!」と
元気よくコメントし、通常の番組に入った。

高橋は15歳年上の一般男性と熱愛中であることが19日発売の週刊誌「女性セブン」で報じられた。
同誌によると、お相手は俳優・池松壮亮(25)に似たワイルドなルックスで、IT関連企業に務める40歳。
出会いは10年前のAKBデビュー直後で、昨年末に仕事の関係で再会したという。同誌は手をつなぐラブラブ2ショットを掲載、
男性は3日連続で高橋のマンションにお泊まりしたという。

高橋の所属事務所は、デイリースポーツの取材に対して交際を否定せず。「プライベートは本人に任せています」とコメントしていた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 2016/05/18(水) 16:11:06.51
NEWS ポストセブン 5月18日(水)16時0分配信

高橋みなみ 15才年上IT会社員とデート&3連泊

元AKB48の高橋みなみ(25才)と年上男性とのデート現場をキャッチした──。「これからの未来を残るメンバーに託して、明日からは『高橋みなみ』として頑張ります」。4月8日、25才の誕生日に、高橋はAKB48を卒業した。

 それから1か月──5月中旬の週末の夜10時過ぎ、たかみなは都心の路地を歩いていた。三つ編みお下げにピンクのロングワンピ姿で、道に迷ったのかスマホ片手にあたりをキョロキョロ。そこへ駆け寄ったのは池松壮亮似の男性だった。身長は170cm台半ば、あごヒゲがワイルドな雰囲気を醸し出している。たかみなは彼を見てホッとした笑みを浮かべると、ふたりは寄り添って隠れ家風居酒屋へと入っていった。

 並んでソファに腰を下ろすと、頭をコツンと彼の肩へ。テーブルには別の男性が同席していたが、気にする様子もなく、彼の腕をさすったりじっと見つめたり。

 日付が変わって1時間余り。ふたりは腕を絡ませて歩いて行く。吐息がかかりそうなほどピッタリと密着してタクシーに乗り込むと、たかみなの自宅マンションへ。それから、ふたりは3日3晩片時も離れずに…。

 この男性は、IT関連企業に勤める、たかみなより15才年上のAさん(40才)。出会いは10年前、デビュー直後だったという。

「当時たかみなは中学生で、彼は30才。もちろん恋愛関係なんてなかった。それが昨年末に仕事の関係で再会したんです。そしてすぐにお互いを意識していたんでしょうね」(ふたりを知る人物)

 冒頭の夜、ふたりがマンションに消えてから、再び姿を見せたのは2日後の夜だった。たかみなは白いワンピにレースのロングカーディガン姿。隣に立つAさんはショートパンツ姿に着替えている。お揃いの黒縁メガネで揃えたふたりは腕を組んだまま都内にあるオープンしたばかりの和食店へ。そこで待っていたのはAさんの友人たち。この日のディナーはふたりの“交際お披露目会”だったようだ。

「“みなみちゃんはAさんのどこが好きなの?”“どのタイミングで意識したの?”って質問攻めにあってちょっと困った表情もしてました。でも、“マンションの近くを一緒に散歩した”とか“来月一緒に沖縄旅行に行く予定なんです”と話しているときはとっても嬉しそうでしたね。しっかり者のリーダーという雰囲気はなくて、すごく甘えん坊のかわいい彼女という感じだったので意外に見えました。最後には“Aさんとみなみちゃんのこれからを祝って!”ってみんなで乾杯して祝福されていました」(居合わせた客)

 盛り上がったご一行は2次会へ。深夜3時を回った頃、ようやく帰途についた。もちろん隣にはAさんがぴったりと寄り添っている。ホロ酔いの彼女をリードするようにしっかりと手をつなぎ、グイッと引っ張るように先を歩くAさんの後ろから甘えるようについて行く彼女。そこには初めて恋人とのデートを満喫する25才等身大の姿があった。翌日昼、それぞれ仕事に出かけるまでの週末の3連泊だった。

 Aさんとの関係をたかみなの所属事務所に尋ねると「AKB48も卒業しましたので、プライベートは本人に任せております」との回答が。堂々と一緒に過ごせる“いま”は、たかみなにとってかけがえのない時間のようだ。

※女性セブン2016年6月2日号
20160518-00000023-pseven-000-1-view

続きを読む

このページのトップヘ