AKB48Gまとめ 48エムオール

48グループ(AKB48 SKE48 NMB48 HKT48 NGT48 他)の2chまとめ




雑談

    このエントリーをはてなブックマークに追加
0f2612da


1: 2016/08/30(火) 21:33:07.99 ID:9e7akf2G0.net
裏がアメトークにも関わらず高視聴率を叩きだし、
関西の高視聴率番組だったロケみつを枠移動させた。
内容も一般層も後半はオタも楽しめる。
何より週一の地上波冠番組で60分枠は48G46G見渡してもこれだけ。

アイドル番組で視聴率がいいなんて前代未聞かも?

続きを読む


    このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 2016/08/31(水) 17:21:58.11 ID:s5mqo/gFp.net
兒玉 遥 (はるっぴ)@haruka_kdm919 17:08
選挙公約達成!
昨日、ギャルっぴになって竹下通りにいってきました。

あの通りで、クレープ食べるの夢だったの!
すごく楽しんじゃいました☺️��

改めまして、第9位ありがとうございました!!
no title

no title

no title


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
CqXXNndVUAAUMj6


1: 2016/08/31(水) 13:04:19.48 ID:fvrXDQOor.net
BUBKAより
no title

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
649


1: 2016/08/31(水) 10:04:04.02 ID:vjwSw25vx.net
『AKB48』の柏木由紀(25)に、年収が3,000万円以上ある、という情報が出ている。

AKBの給与にはさまざまな噂があるが、あまり芳しい話は聞かない。
「テレビに出ない劇場通いだけのメンバーには、電車賃すらもらえない人もいます。
これは一部週刊誌に末端の複数人のメンバーが告白していますし、AKB内は待遇の差が天と地ほどあるようです」(アイドル評論家)

AKBグループで収入が最も多いのは、『HKT48』の指原莉乃23)だと言われている。

「インターネット上では、指原の年収は7,000万円だという説が出ていますが、そこまでの金額ではないでしょう。
今年、雑誌A誌は指原の年収が4,500万円だという記事を掲載しました。そのあたりが妥当であるとも考えられています。

指原は各メディアへの出演数も抜きん出ているため、最も収入が多いというのは間違いありません。
指原に次ぐのは、CMに多数出演している小嶋陽菜(28)で、4,000万円です」(同)

そして柏木は、A誌で年収2,800万円と記載されていた。だが、実際には3,000万円以上なのだという。

「柏木は、8月10日に放送された『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に出演し、ケンドーコバヤシやノンスタイルの井上裕介と収入の話になりました。
A誌に掲載された金額や、リスナーの投稿もあり、『年収2,800万円だろ!』と指摘されました。

通常、芸能人が芸能人に対して収入を聞く場合、あらかじめだいたいの額を知っていて2~3割は安く言うのがマナーとされています。
ラジオで2,800万円だと触れたため、彼女は年収3,000万円以上という理屈なのです」(芸能事務所関係者)

柏木は、今年の選抜総選挙では5位だった。年齢的なものを考えても、今後にこれ以上の上位に食い込むことは期待できない。
現在はテレビのレギュラー出演番組もない。CMには1社だけ出演しているのみだ。

「柏木はもともと圧倒的な人気者でもなかった。過去には『モーニング娘。』のオーディションで落選した経験もある。
でも、彼女はAKB内でも卒業した篠田麻里子とともに待遇が圧倒的にいいと言われてきたのです」(AKBライター)

確かに、わずかな出演数とCMだけで、3000万円以上の年収になるのは異常だ。

「ジャニーズ事務所の手越祐也に抱擁されている写真を、一部週刊誌が掲載しました。そのため、陰では“ジャニーズの紹介屋”ではないかとの評判もある。
恋愛禁止のAKBにあって、下手に卒業させて暴露されるより、高給で口止めしていたほうがいい。
ジャニーズ事務所と繋がっていることを明かされると、AKB自体が軽い下半身集団だと見られます」(同)

柏木は現在も彼氏がいないことを公言している。
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-9016/
no title


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
c8c48b76


1: 2016/08/31(水) 06:06:21.98 ID:9ivFUkX30.net
ウーマン

続きを読む

このページのトップヘ